読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「花丸」第四話 感想

かつて司馬遼太郎の洗脳を受けた私としては、これの前半を評価せずにはおられないわけですよ。

兼さんと国広の関係性は、物語世界の新撰組における、歳さんと沖田の関係性に思えます。
史実の沖田は資料が少なく、どんな人物だったかはよくわかっていません。少なくとも薄幸の美少年タイプではぜったいになく、新撰組の中でも特に土方と仲が良かったわけでもないらしい。そのへんのロマンは司馬さんが添付したものです。
だからでしょうね。和泉守兼定や長曽祢虎徹が、いかにも新撰組の物語世界に出てくる土方歳三近藤勇っぽい人物像にあるのに対して、加州清光や大和守安定がそんなでもないのは。それでも大和守安定には物語上の沖田っぽい雰囲気が有るけど、加州清光はぜったいに違いますね。そこを堀川国広で代理させたんじゃないかというのが私の想像です。

 

後半は、お笑いで言うところの「天丼」ですね。あんまり印象無いなw 私だったら、もっと違う品物を買わせるけどなあ。