読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

花丸

「花丸」第十二話 感想と総評

最終話。新撰組の戦闘に巻き込まれた大和守が、沖田くんを守りたいという感情のままに、歴史に手を出しかけます。が、当の沖田くん本人に、それを否定されるのでした。 この展開にするんだったら、もっと大和守の成長物語として成立させても良かったんじゃな…

「花丸」第十一話 感想

オール、新撰組刀と池田屋の話でしたね。 いろんな関係性が、やや急ぎ足で描写されます。長曽祢と陸奥守は仲が悪いんだぜとか、蜂須賀は長曽祢にツンしてるけど実はデレなんだぜとか。同時に大和守の、沖田総司への思いの危うさが表現される。で、いよいよ池…

「花丸」第十話 感想

前半は、ダル系キャラの明石国行の魅力を語る話。明石のあまりのダルダルさに、気を揉む弟二人。そんな中、本丸内に、沢山のイタズラのような事件が発生。弟に気を使って本丸内の作業をこころみ、失敗した明石の仕業か……? というストーリー。 あ、いいな、…

「花丸」第九話 感想

色々考えた結果、今回は二通りの視点を持って鑑賞しました。 1、ふだん通りの自分でもよくわからない私の視点2、私は男で、アニメの男士は女性キャラや子供キャラだと思い込み、愛でる視点 そして鑑賞開始。まずは前半。ぼくのかんがえた、ちょうとうけん…

「花丸」第八話 感想

前半。槍の三本がそろいます。 みな仲良しな本丸ですが、日本号と五虎退の仲に、歴史が理由で、ほんのちょいとわだかまりがある。で、それを解消するべく、五虎退の好きな絵本に出てくる「青い鳥」を捕まえようとする話。 ……なんかこんなネタを拙作で書いて…

「花丸」第七話 感想

粟田口が、いち兄を求め、やがて得る話でした。特に薬研が話の中心になってます。 短刀なのに短刀に見えない薬研について、「ゲームみたいに薬研の大人びたところと、逆にゲームには無い薬研の短刀らしいところと、その両方を見てみたい」ってな欲を満たして…

「花丸」第六話 感想

注意! 今回、厳しい評価です。6話が好きな方は読まないほうが良いです。ご注意を。 苦痛でした……。私は「ミュージカルを見ると恥ずかしくなる病」を発症しているため、非常に苦痛でした。それでもふだん、恥ずかしさを吹き飛ばされて、ミュージカルに感動…

「花丸」第五話 感想

ホストクラブごっこの前半と、三日月な後半でした。 前半はなぁ。うーん……。私が男士に接待してもらうなら、服装は出陣着のほうがいいな。なので男士たちのスーツ姿の似合わなさを笑えばいいのかと思えば、べつに似合ってなくもない。じゃあ似合ってるところ…

「花丸」第四話 感想

かつて司馬遼太郎の洗脳を受けた私としては、これの前半を評価せずにはおられないわけですよ。 兼さんと国広の関係性は、物語世界の新撰組における、歳さんと沖田の関係性に思えます。史実の沖田は資料が少なく、どんな人物だったかはよくわかっていません。…

「花丸」第三話 感想

昔話モチーフ回ですね。こういうネタ大好きです。 前半は平野藤四郎のわらしべ長者。品々の交換とともに、各キャラのらしさが表されます。キャラ紹介という意味では、第一回と似ていますが、今回は極端化はされていません。いかにも有り得る、キャラらしい表…

「花丸」第二話 感想

本能寺に織田刀が行きます。長谷部、宗三、薬研が、それぞれの思いをなんとなく語り合います。でもまあ、歴史ってそういうもんだよね、的な、優しい諦観でもって話は終わります。 2回目ですから、特に大げさな表現もなく、また見るほうもキャラへの違和感に…

「花丸」第一話 感想

第一話であると同時に、キャラクターの紹介回ですね。 あの数多いキャラクターを、短いセリフでズバっと紹介していってます。こいつはこういうヤツな! ってかんじで。 極端化されてます。蜂須賀はナルシスト! とか、石切丸はボケてる! とか。そんなかんじ…